Menu

出店者目線で見たMotoGP 2018 日本GPブログ

0 Comments


2018年10月19日(金)~21日(日)の3日間、栃木県のツインリンクもてぎにて
MotoGP第16戦日本GPが開催された。
結果はMotoGPクラスでホンダのマルク・マルケス選手が激闘の末、優勝。
そして、2018年シーズンのチャンピオンを獲得しました。
個人的応援していたV.ロッシは4位、、、表彰台まであと一歩、、、惜しい結果に終わった。

入場口

私たちは「水なし洗車&ワックス剤 FW1」というカーケア用品を扱っている会社です。
今回、そんな私たちが初めて、レース出店をすることになった。

しかも「MotoGP」!!

ということで、担当者含む関係者全員が緊張と高揚した気分で過ごした出店準備から、当日の出店の様子などを備忘録的にここに書きます。
出店者目線で見たMotoGP2018のブログです。

GPクラス決勝の様子

MotoGPとは・・

世界三大バイクレースの1つでオートバイの世界選手権。2018年は全19戦あり、世界各国を連戦しながらシーズンチャンピオンを決定するので、MotoGPで優勝することは「世界で1番速い」ということを証明すること。

オフィシャルサイト⇒ http://www.motogp.com/


2018年10月18日(木)

この日は前日設営のため、会場入り。
なんと、設営は3日前の16日昼過ぎより解禁になっていた。

私たちは午前中に渋谷をでて、到着が15:50頃だった。
途中にお昼休憩をはさんで、ひたすら運転。
結局、3時間はかかった計算になる。

それにしても・・・広い・・・自分がどこにいるのかが把握するのが難しい。
そのため、設営場所にたどり着くまで30分ほどはツインリンクもてぎ内をグルグルと回ってしまった。

やっとの思いで着くと、すでに回りはブース設営もほぼ完了している・・汗

スタッフ2人で現地入りした弱小企業としてはかなり焦る・・

暗くなる前には設営を終了したいので、急ピッチでブースの設営を実施。
17:00前には形になったので、装飾・備品関係のチェックをして、宅配便のセンター止めにした販促品を取りに行き、本日は終了。

お疲れ様でした!

【ちょっと便利な宅急便のセンター止め】
今回はブースサイズの割に荷物が多く、設営が2名だったため、翌日必要になる分の販促品のみを車に積み、その他はすべてツインリンクもてぎ最寄りの宅配センター止めにしました。

こうすると、ブース設営して、カラになった車で販促品を積み、翌朝にブースに積むだけなので荷物を運ぶのがラクでした。


2018年10月19日(金)

本日は明日の予選前の練習日。毎日ブースの営業時間は主催者側より指定をされている。

初日の営業時間は8:00-17:00

7:00過ぎには現地について、昨日、受け取った販促品(段ボール15個)をブースに格納。回りのブースからは朝礼の声が聞こえ、朝から活気づいている。
初心者の私たちは無謀にもスタッフ2名で運営。
お昼ごろにはもう1名が合流予定でこじんまりとした人員配置。

しかし、ゲートオープンの8:00にはすでにお客様が入ってきて、MotoGPのスゴさを実感。

初日はときおり雨が降りつつも大きなトラブルもなく無事、終了。

物販ブースは毎日売上金を主催者に入金する必要があり、入金する管理棟まで行こうとするが、また迷子。
20分程度かかり、たどり着く・・涙
もてぎは広くて迷います。

「水なし洗車&ワックス剤 FW1」ブース 

2018年10月20日(土)

本日は公式予選日。

営業時間は3日間で1番長い7:30-18:00。

天気は快晴で土曜ということもあり、ゲートオープンと同時に昨日以上の人が入場!
本日もスタッフ3名でブース運営。
空気が澄んでいるため、直射日光が強い。
帽子(キャップ)・サングラス・日焼け止めは必須です。

応援しているチームや選手のユニフォームを着て観戦!
盛り上がります!(手前は弊社スタッフ)

応援チームのユニフォームできめて!

大手企業に囲まれながら、必死の呼び込みの結果、FW1ロゴ入りショルダーを持ち歩くお客様もチラホラ。

3日間で5,000枚配布したショルダーバッグ

予選レースが始まり、かなりの爆音が・・・
盛り上がっている雰囲気はコース外にいても伝わってくる。
人が少ないので、ほとんど見られず・・・残念。



気づけば、5000枚用意した「動画を見たらプレゼント」のショルダーがあと2,000枚。

←これならバイクで来た方も問題なく、持って帰れる!

大人気でした!







2018年10月21日(日)

ついに、本日は決勝!

営業時間は7:00-17:00。

昨日同様に天気は快晴!間違いなく、素晴らしいレースになる予感。
本日はスタッフ5名で運営。

決勝は11:00から随時開始するため、その前が勝負。人出が3日間の中で1番多いため、午前中に集中!
おかげ様で5000枚のビニールショルダーの配布は終了し、アンケートにシフト。

Webアンケートに回答してもらうと「FW1ロゴ入り消臭剤」をプレゼント!という内容。

メットの中や布製シートに使用できるファブリーズ的なものを400個準備。

予想を裏切り、こちらが人気!
自主的にスマホでQRコードを読み込んでいただいた方もいて、感激です!

最終日のブースの様子

お昼前に一息つけそうだったので、会場内を見学。

スタンドにて  決勝当日は秋晴れ
レース場内コレクション展示室にて①
レース場内コレクション展示室にて②

様々なバイクの展示になかに・・・なんと、運命の再会!!

Honda NR750!!!!!

1993年発売。レーシングバイクから市販車になったモデルで国内では300台の限定販売。
当時の販売価格はなんと500万円!
強気な価格設定が話題になりました。。

新卒で働いていた時の憧れのバイクです!

こんなバイクに乗ってみたい・・・と思ったモデル。
久ぶりの再会にテンションがあがりました↑↑。

現在はプレミア価格で更に高くなり、もはや手が出ないバイクに・・・
懐かしさとちょっとした興奮状態でブースに戻る。


お昼をすぎて、GPクラスの決勝が近づくと・・・空から爆音が・・・

なんと戦闘機2機!

なんと、GPクラス決勝前に“ファントム”の愛称で呼ばれる戦闘機「F-4EJ(改)」が2機、上空飛行!

豪華過ぎるーーー。

F-4EJは、米空軍のF-4Eを改造した戦闘機で、日本での運用には不必要な装備を取り除き、データ・リンクを載せて要撃戦闘機タイプにしたもの。1981年度に生産は完了、その後、航空自衛隊の防空能力の向上・近代化の一環として、F-4EJの改修に着手。レーダー、FCS(火器管制)システムの近代化、航法、通信能力の向上、搭載ミサイルの近代化、爆撃機能の向上などが図られている。

華麗な飛行を見た後、メインイベントの決勝スタート!

あふれるほどにたくさんいたお客様はいなくなり、みんなスタンドにて観戦。

私たちも隣のブースの大画面にて勝負の行方を見守る。

興奮の時間!

決勝終了後は残り少ない商品とともに最後の営業。
17:00で3日間のイベントは終了しました。


さて、出店社はここで終了ではありません。
これからブースの撤去をして、家路につきます。

主催者側からの予定だとブース撤去のためにブースエリアに搬出車両がはいれるのが19:30!!!
なんと、あと、2時間30分後!
そんなに待てない!
明日は会社のため、事前に1台車を出展車用ではない駐車場につけておき、荷台を使って、人力運搬。

そのおかげで、18:30には最終日の売上入金を済ませ、いざ東京へ!

しかし、ツインリンク内がすでに帰路につくお客様で渋滞しているので、外へ出てもしばらくは渋滞・・・

さすが、MotoGP!

集客数が違います。

予め決めておいた夕食場所で他のスタッフと合流。
時間は19:30。
あのまま、撤収開始を待っていたら、まだもてぎだったかと思うと・・・ぞっとします・・

このあと、食事をして、無事に帰りました!